3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住むアラフォーOL、波野なみ松の、仕事と趣味と母の介護を両立させる日々の記録。

繁殖と修復と少子化対策

美容室での適当な会話が苦手で、ここ数年はずっと同じスタイリストさんに担当してもらっている。もう長い付き合いになってしまって、最初は若かった彼もずいぶんいい歳になった。(←お前もなっ!!)結婚して、子供ができて、家も買って車も買って、二人目も…

母の入院生活は不安だらけ

金曜日に帰宅ラッシュの中で実家に帰るのは妊婦にはつらいなぁ、と思っていたところ、思いがけず母が入院してしまったため、金曜夜に帰る必要がなくなった。 正直、母の入院で私にかかる負担が格段に減った。 私にラクをさせてあげようと、母が望んで入院し…

無痛分娩は無痛じゃない

無痛分娩という言葉を初めて聞いたのは、意外にも中国語のレッスンでだった。一番熱心に通っていた10年くらい前の話だ。 マンツーマンで会話を中心にしたレッスンで、勉強というより雑談。歳の近い女性の先生が多かったので、ダイエット、華流スター、恋愛、…

夫婦の価値

いつだったか、母方の伯母と雑談をしていたとき、母の介護から私の両親がよくケンカしていた話になり、伯母がこんなことを言った。 「あの二人は、どうもお互いを信用してないところがあったわね」 言われてみると、そのとおり。 なるほど伯母さんするどいな…

真っ白なエンケン

今月から3ヶ月限定で始まった『大槻ケンヂのオールナイトニッポンPremium』。 高校生のときにオーケンのオールナイトを聴いていた身としては毎週楽しみで仕方ない。 さて、昨日の放送では、オーケンが遠藤賢司さんについての話をしてくれた。あんまり感動し…

眠り姫は帰れない

月曜日の夜は、母の介護ベッドで寝た。エアマットの上で寝るのは初めてだった。寝入りばなは何とも思わなかったけれど、夜中、あまりの寒さに目が覚めた。 掛け布団は、肌布団に毛布に羽根布団にと、寒がり仕様の装備なのでヌクヌクなのだけれど、マットが寒…

緊急入院

週末は何事もなかった。何事もないどころか、「お母さんがたくさん食べてくれたよ!」と喜んでいたくらいだった。 いつも眠たがり寒がりの私はこの冬、夜中の介助をさぼっていた。母が苦しそうな声を出たり咳をしたりしたときだけ、「どうしたん? 大丈夫?…

胎児の鼻筋

初めて読んだ寺山修司は、学校の図書室で借りた『愛さないの、愛せないの』という詩集だった。 愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫) 作者: 寺山修司 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2000/04 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (…

ケアマネさんの退職

父のケアマネさんが、1月末で退職されることになった。皮肉なことに介護退職だそうで、こればっかりは引き留められない。 今は父のケアマネさんだけれど、 最初は母のケアマネさんだった。mixiの日記を見てみたら、母が初めて介護認定を受けたのが2011年。も…

面接のテスト

「赤ん坊が生まれたら、お父さん病院まで見に来る? それとも私が連れて帰るまで待つ?」 まだ気が早いけど、父にそんな質問をした。 普通の元気なおじいちゃんなら、孫が生まれたらすぐにでも見に行きたいだろう。 ただ、足が悪い父が神戸まで一人で出てく…

芸能人じゃなくても歯が命

歯に対するの意識の高さは生活の豊かさと比例している、という話を耳にしたことがある。 歯と経済のことを考えるとき、上海で見た物乞いのおばあさんの潰れたトウモロコシみたいな黄色い歯並びを思い出す。生活に余裕がないと口腔ケアまで手が回らなかったり…

爆発!電子レンジ族

3日の午後に実家をあとにして、5日金曜日の夜に戻った。空けたのはたった1日半である。なのに、戻ってきてギャーと叫ぶことが3つあった。 ひとつ目は、キッチンテーブルの椅子の上と床下に、カップスープの黄色い粉がこぼれていたこと。一目瞭然、父がスー…

波野家のファミリーヒストリー

4日が仕事始めなので、3日には実家から神戸へ戻る予定をしていた。 お正月だし、彼氏のお母さんにご挨拶をさせてもらいたい、と彼氏に伝えると、だったら車で迎えに来てくれると言う。 一升瓶を手土産にして、彼氏がうちの父に年始の挨拶に来てくれた。 父…

食欲の元旦

毎年、元旦だけはデイサービスもお休みして、母は1日家で過ごす。 昨日の元旦で喜ばしかったのは、とにかく母がムセることなくパクパク食事を摂ってくれたことだ。 ここのところは、喉や頬をマッサージしながら、 「はいゴクンして!がんばれ!」 と声をか…

2017年最後の失敗から新年へ

明けましておめでとうございます。 人生が急変してしまった2017年が終わり、2018年は覚悟を決めて新しい人生を歩んでいくつもりです。 昨日の大晦日は、最後の最後にやらかしてしまった。 ベッドから車イスに移動させるときに、うっかり車イスのロックをし忘…

心細い大晦日

「こうべ子育て応援メール」というメールマガジンを毎日楽しみにしている。 出産予定日を登録すると、妊娠何週と何日目かを教えてくれて、そのときの赤ちゃんの様子と母体が気をつけるべきことをメールで教えてくれるのだ。 それを読んでいると、妊婦という…

赤ん坊の性別

企業にとってみれば、ライフイベントは絶好の金儲けポイントだ。 特に、妊娠出産を控えた人なんて、いくらでもお金を落としてくれるいいカモになる。 カモ争奪戦のために、そのエサとしてプレゼントキャンペーンがそこかしこで行われている。 私たちカモたち…

コーヒーを変えてもらえませんか。

妊婦になってみて、思った以上に身体の変化がしんどいことを知った。 お腹が張って苦しいのは想像がつくけれど、それによってちょっとしたことで息切れしたり、トイレが近くなったり、唾液の分泌が減って口がカラカラに乾燥したり、意外なところに影響が出る…

初めて見る平成仮面ライダーの楽しみ方

オーケンが出演しているので、西宮ガーデンズのTOHOシネマズまで『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』を観に行った。 www.movie-taisen.com ファンだから当然これまで出演してきた映画は見てきたけれど…

童謡と読み聞かせ

赤ん坊に対してこれまで全く関心がなかったので、ベビー用品だとか子供服だとかの用意を考えると、非常におっくうな気分になる。 けれど、子供が産まれたら楽しみにしていることもある。 それは、 絵本の読み聞かせをしたい。 というのと、 歌や音楽をたくさ…

酔っ払いは嫌われる。

昨日、叔父のことをあんなふうに書いてから、いろいろ考えてみた。 すると、ふと、あの発言はこういう意味だったんじゃないか、とひらめいた。 「姉ちゃんに何があっても、オレはもう面倒は見られないから」 という叔父の発言は、面倒を見る対象はうちの母で…

親戚って虚しい。

大人になるまでは、大人が怖かった。 ところが自分が大人になってみると、「敵意を持ってませんよ」という態度でこちらが接すればさほど怖いものではないことがわかってきて、知らない人と話すことにも慣れ、人間関係のバランスのとり方もなんとなく覚えてく…

出生前診断は、しない。

ベネディクト・カンバーバッチ主演のBBCドラマ『SHERLOCK4』で、シャーロックの兄マイクロフトがワトソンの赤ん坊の画像を見せられる、というシーンがあった。 そこでのマイクロフトの感想は、「見たかんじ、完全に機能している。」 SHERLOCKシリーズは、数…

いろいろな反応と介護ベッド

今朝、朝刊を取ってきたら一面の見出しが、「改元19年5月1日」というのでビックリした。 というのも、私の出産予定日が5月1日だからである。 改元で満1歳。 予定日だから前後するんだろうけど、こうなったら予定通り5月1日のほうが面白い。 面白い面白くない…

『スマートモテリーマン講座』でモテを考察する。

モテとは何か? 女性向けファッション雑誌の表紙などで、「冬のゆるふわモテ髪コレクション」とか、「この冬はマニッシュだけどモテコーデで決める!」とか、何を言ってるんだかよくわからない表現を見かけるけれど、頻繁に見かけるからには「モテ」は重要ら…

先週から今週までのこと

妊娠発覚前から予定はびっしり入れた状態だったので、遊びの予定に加えてやるべきことや考えないといけないことがどんどん増えてしまった。 なので、覚え書きも含めて先週からの昨日までの出来事総まとめ。 ブレードランナー2049 11月21日火曜日はミント神戸…

リフトの故障と戌の日

先週の日曜日(11月19日)の朝、母をデイサービスへ見送ったあと、階段下に降りたリフトを上に戻そうとしたらゴトゴトっという音とともに何かが落ちた。見ると、リフトの部品が落ちている。 え゛え゛ーーーーっ!! 部品が取れたりする?!?!?! 部品は落…

両親の反応

両親に妊娠のことを話したのは、先々週の末のことだった。 両親のうち先に打ち明けたのは母だったけれど、母はもう言葉を発することができないので、ベッドで寝ている母に私が一方的に語りかけるだけだった。 「お母さん、私な、お腹に赤ちゃんができてしま…

中年の蹉跌

産婦人科を診察して妊娠が確定したあと、そのことを一番最初に話したのは、隣の席の係長だった。男性だけど話しやすくて、しょっちゅうおしゃべりする仲だ。 体調が悪いと言って朝に休みを取ったから、 「午後から出てきても大丈夫なん? 調子悪かったら午後…

妊娠がわかったその日は人間椅子のライブだった。

妊娠検査薬で陽性反応が出た夜の話。 そんなわけで明日産婦人科を受診してきます、と私が彼氏にLINEでメッセージを送ると、すぐに電話がかかってきた。 「会社早く終わらせて帰るから、明日の夜、会える?」 「どうして? 木曜日でもないのに?」 10年付き合…