3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住む40代波野なみ松の、趣味と母の介護と育児に追われる日々の記録。

幼児教育と自分の教育

最初に考えさせられたのは整体の先生の話からだった。 「幼児教育とかしないの?」「え~?まだ1歳になったとこですよ?」「うちの上の子行ってたよ。七田式って聞いたことない?」「全然知らないっす」「フラッシュカード見せるやつ、知らん?」「いやぁ、…

『緊急検証!THE MOVIE ネッシー vs ノストラダムス vs ユリ・ゲラー』を検証。

もう10日前のことなのだけれど、元町映画館に『緊急検証!THE MOVIE ネッシー vs ノストラダムス vs ユリ・ゲラー』を観に行った。 「緊急検証!」というのはもともとCSファミリー劇場でやっているテレビ番組で、オーケンが準レギュラーみたいなかんじで出…

弘川よしえちゃんを兵庫県会議員に!~後編~

このたびの兵庫県会議員選挙に立候補した友人弘川よしえちゃんへのインタビュー、続編。 ★★★ 兵庫県の中の尼崎というまち ★★★ なみ:私は何回も引っ越しはしたけど、一度も兵庫県を出たことがないのね。兵庫県って広いから、地域によって全然違うでしょ。同…

弘川よしえちゃんを兵庫県会議員に!~前編~

大学時代の友人弘川よしえちゃんが、このたびの兵庫県会議員選挙に立候補した。全力で支援したいのだけれど、選挙区が違うから投票できないし、1歳になったばかりの子どもがいると選挙事務所に応援にも行くのもままならない。何かできることはないか、と思っ…

一升餅、背負ったぞ。

今日はサトイモの満1歳のお祝いとして、一升餅を背負わせた。 近所の餅屋に注文した一升餅はこんなかんじ。 ちなみに3,600円也。 大きさがわかるものを隣に置きたかったのだけど、手近にあるのがリンゴだけだった。 リンゴだも大きさがまちまちだから、餅の…

1歳!

今日はとうとうサトイモの1歳のお誕生日。 月並みだけど、もう1年も経ったのかという思いと、やっと1歳という思いの両方。 お祝いをするといっても、私と二人だけなので、一升餅を背負う行事は土曜日に延期した。 今日は私がケーキを手作りしてお祝い。 …

ヤットデタマン・ブギウギレディ

タイムボカンシリーズが好きだった。そしてタイムボカンの主題歌といえば、山本正之。作詞・作曲・歌に加え、ゼンダライオンといったアニメ内のキャラクターの声まで大活躍。山本正之の声なしではタイムボカンシリーズじゃない!と思えるほど、そして中日ド…

ようやく通常運転

弱音を吐いたせいで、5人もの友人が心配して連絡をくれた。 おかげで元気が出て、水曜日にはほぼ咳もおさまって、木曜日には確定申告にも行けた。 ようやく通常運転。 さっきまでオーケンが出てるのでNHKの「おやすみ日本」を観てたところ。 眠いいね。 そろ…

いつになったら元気になれるのか。

2月の半ばに引いた風邪をまだこじらせている。 咳が原因なのか肋間神経痛になり、腕を動かす度に痛みが走るようになった。 風邪が治りかけたと思ったらぶり返し、微熱が続くと思ったら今度は胃腸炎に。滝のように吐いて悶え苦しんだ。 風邪ってこんなにつら…

ひどい風邪

先週からひどい風邪に苦しんでいる。 病院に行って、インフルエンザではなかったのでほっとしたものの、熱はなかなか下がらないし、咳は苦しいしで毎日がつらかった。 おとといようやく熱は下がったけれど、まだ咳が続いている。 咳き込みすぎて吐くほどで、…

ママ友なんて欲しくない

最近の平日はほぼ毎日、児童館か子育て広場に行っている。そういう場所にはいろんなオモチャや絵本があり、節分など季節ごとのイベントも行われるので楽しい。サトイモはまだ友達と遊べるほど成長していないけれど、ときどきオモチャを取り合ったり、頭や身…

物をもらうということ

「まんが日本昔ばなし」の絵本を全巻持っている。子どもの頃に買ってもらったものだ。1巻はauのCMでおなじみの3太郎。奥付を見ると昭和55年10月20日第13刷発行となっている。値段はなんと260円。さすがに安い。 まだお話には興味を示さないサトイモだけれど…

9カ月健診の覚え書き

先日、サトイモの9カ月健診を受けた。4カ月健診と違って、区役所ではなくかかりつけ医での受診だった。年明けにじんましんのことでアレルギー外来に相談に行ったばかりだったので、「その後、じんましんはどうですか?」と先生に尋ねられた。 アレルギー外来…

愛情と行動とひどい母親像

元旦の話。さておせち料理を食べようか、というそのとき、父がこんなことを言った。「サトイモくんの将来を見たぞ」いきなり何を言い出すのだ、と思ったが、どうやら夢の話らしかった。 「書写山に連れていって円教寺を見てな、雪彦山にも登ったんや。ほんで…

ゴンタの年末年始と母の匂い

あけましておめでとうございます。 …と書くのも恥ずかしい。だって新年も7日だもの。七草粥だもの。早い。早すぎる。 2018年はあっという間に終わり、2019年もあっという間に明けた。 大晦日から夫の実家、というか夫の家で年越しをし、元旦に私の実家に移動…

愛されて満9か月

三連休最終日の月曜日にも、またサトイモに蕁麻疹が出て、こども初期急病センターへ行った。顔中真っ赤に腫れるくらい前回よりもひどかったにもかかわらず、今度は夫がいてくれたおかげで、はるかに余裕のある対処ができた。 私は軽く受け止めていた一方で、…

蕁麻疹で夜中の受診

もう先々週の出来事になるけれども、初めて夜間に病院へ行ったのでその記録。 そもそもは、サトイモが咳をし始めて夜中に鼻がつまるようになったのが始まりだった。とうとう初めての風邪をひいたんだな、と注視していたものの、熱は出ていないので病院には行…

風邪引き

私もサトイモも風邪引き。 サトイモのほうは熱もなく咳と鼻づまりだけで治ってよかったけれど、私は熱で寝込むありさま。 私の免疫細胞たち、がんばってくれ!

生きるとは、食べて出すことなり。

離乳食が始まって、何が変化したって、サトイモのうんちである。 ミルクだけだったときは、 「赤ちゃんのうんちなんてどこが汚いの?」 なんて豪語していた。 それが、ミルク100%でできているうんちじゃなくなったら、匂いが違う。 いっちょ前に臭い。うんち…

庭木とひばりとおばあさんのウサギちゃん

三連休の初日は実家に帰った。到着すると、家の前に軽トラが止まっていた。 庭木を切る有料ボランティアさんが来ていて、まさに作業の真っ最中だった。植木屋さんではないので剪定はできないらしく、父が、「全部2メートルの高さで切っといて」とお願いして…

帰ってきたマリリン・モンローと妊娠・出産の視差

筋肉少女帯の新しいアルバム『ザ・シサ』は、タイトルの「視差」と同様に、多くの曲でオカルティックなこともテーマになっていて、『マリリン・モンロー・リターンズ』もそのひとつだ。 野坂昭如『マリリン・モンロー・ノー・リターン』のシャレにもなってい…

筋少『ザ・シサ』で考える喪服の話

今日は大阪で筋肉少女帯のライブがある日だ。子供がいなかったら、絶対に行ってたライブ。これまで20年以上、大阪でやるオーケンのライブはほぼ欠かさず行ってたのに、まさか筋少メジャーデビュー30周年の年に行けないなんて。人生何がどうなるかわかったも…

父のヘルパーさんから電話があった。

今朝、知らない番号から着信があった。恐る恐る出てみると、父のヘルパーさんだった。 「今お宅に伺って、チャイムを鳴らしても出られないものですから、鍵で中に入らせてもらったんですが…」 まさか父に何かあったのか、と一瞬ひやりとする。 「外出された…

何でも舐める期。

薬を朝夕ちゃんと塗ったら、3日ほどでサトイモの湿疹は消えた。「長くかかるかもしれませんよ」と医者に脅されて、多めにもらったステロイドの薬はほとんど余したままお蔵入り。 今回のことが良い教訓になって、朝夕2回、サトイモの保湿を頑張っている。おか…

秋は乾く。

サトイモの背中のブツブツがお腹や胸まで広がってきたので、今日いよいよ皮膚科に行ってきた。 Google検索で出てきた、自宅から最も近い皮膚科へ。 「ベビーカーや車いす等で来院され2階へ上がるのが困難な方は、1階の薬局へお声かけください。」と書いて…

乳児湿疹とやっつけブログ

要領が悪いのか、睡眠時間をたっぷりとっているせいか、毎日が精一杯。 ブログを書く時間がないのだけれど、それは書こうと思うことが多すぎて、まとまった時間が必要なせいだと気が付いた。 ちゃんとしたものを書きたいけれど、更新しなければやっている意…

気付いたら今日も終わり

書きたいことは山ほどあるのに、ブログを書く時間が取れない。 赤ん坊がズリバイで動き出し、あらゆるものを舐めまわしてくれるし、1日2回の離乳食では何を食べさせようかメニューを考えるだけでも手一杯。 モグフィは期待したほどの効果はなく、一人で持…

親の葬式には着物を着るのが常識らしい。

母が肺炎になったとき、これは覚悟をしないといけないなと思った。実際は抗生剤が効いて肺炎は治ったのだけれど、「そろそろ準備を始めなさいよ」と母がサインを出しているような気がした。 そこで一番気がかりなのは喪服である。 あんたの喪服は用意してい…

ブログを書く暇がない。

全然時間がない。ブログを書く時間がない。なんでこんなに時間がないんだろう?と自問自答してみると、理由が二つ思い浮かんだ。 離乳食は時間がかかる ひとつは、離乳食。一回作れば残りは小分けして冷凍して利用しているし、困ったときはフリーズドライや…

病院からの呼び出しで時が慌ただしく過ぎた週。

月曜日に母の病院から電話があり、主治医から病状説明がしたいと言う。 日曜日に高熱が出て、経管栄養も止めて点滴になっているというのだ。 これはある程度の覚悟を持って行かないといけないのかな、と気持ちに折り合いをつけ、火曜日に母の病院へ行った。 …