3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住むアラフォーOL、波野なみ松の、仕事と趣味と母の介護を両立させる日々の記録。

地震で安否が気になる人

今日は母のお薬のお代わりをもらいに、内科へ。

待合室でもずっと九州の大地震のニュースを見ていた。

 

昨日熊本の地震のニュースを知ったとき、まず頭に浮かんだのは大学の先輩のこと。

熊本出身でご両親とお兄さんが熊本市にいるはず。

お兄さんは会ったこともない人だが、ちょっとした親しみと恩義を感じていたりする。

話によるとお兄さんは大変なマンガ・アニメオタクだそうだ。

で、今から約20年前、熊本からこんな情報が入ってきた。

「あの『ふしぎの海のナディア』の監督が作った新作アニメシリーズが始まるらしい。兄貴が絶対見ろと言ってる」

何を隠そうそれが『新世紀エヴァンゲリオン』だったわけで、おかげで第一話目からリアルタイムでエヴァを見ることができた。

昨日、先輩のFacebookで、ご両親をはじめお兄さんも無事だと知り、ほっとした。

お兄さんの部屋の、天井まで平積みされているらしい漫画の塔は、すっかり崩れてしまっただろうけれど。

 

今朝になって、大分でも地震があったと知り、今度は大分市に住む伯父夫婦のことが心配になった。

母は5人兄弟の真ん中で、兄が二人、弟が二人いる。

大分にいるのは85歳になる母の長兄だ。

私は一人っ子なので、兄弟姉妹の関係性というのはよくわからない。

でも、母に姉妹がいたら今とは違うかなぁ、姉妹がいたらよかったのになぁ、と想像することはたまにある。

正直言って、男兄弟は冷たい。

母の状態にほとんど関心を示さない。

兄弟ってそんなものなんだろうか。

その中でも、長兄はまだ、妹のことを心配してくれている。

兄弟の中で兵庫県外は大分の長兄だけなので、最も離れているのに、ありがたいことだ。

そして、伯父さん以上に、兄嫁にあたる伯母さんが母を気にかけてくれる。

ときどき電話をくれたり、大分名産の果物を送ってくれたり、病人を持つ家族としては気持ちがうれしい。

 

その大分の伯父さん夫婦は、大丈夫だっただろうか。

迷惑になったらいけないと思い、電話をしていないが、大分市内の被害状況はニュースに出ていないので静観している。

2、3日経ってから、様子をたずねてみよう。