読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住むアラフォーOL、波野なみ松の、仕事と趣味と母の介護を両立させる日々の記録。

CKBのライブで多文化共生にキスをする。

昨日は神戸チキンジョージで、クレイジーケンバンドの「香港的士 2016」ツアー。

今回は力を入れてチケットを取ったら、なんと最前列。

CKBで最前列が取れたのはこれで二度目。

そのときもやはりチキンジョージだった。

前回はもう10年くらい前の話。

 

目の前にはギターにキーボードに大活躍のがーちゃんと、よりキレイになった愛子ちゃん。

普段はほとんど見えないトリオ・ザ・ドッグホーンズもよく見える。

もちろん剣さんもすぐそこに!

「福」のネックレスがインチキ臭くてカッコイイ。

やっぱり最前列はいいなぁ。

 

10年前も、『HONOLULU BBQ』で洞口信也さんにアピールされて握手してもらった記憶があるけど、今回も同じ展開。

お約束に次ぐお約束。

この夏発売のニューアルバムに入る曲以外は、10年前にワープしたようなセットリスト。

リクエストコーナーでは、イスラム系中古車貿易商が主人公の曲『シャリマール』も歌ってくれた。

古参のファンにはうれしい。

 

東洋一のサウンドマシーンの、素晴らしい演奏を間近で感じて、至福のひととき。

CKB最高!

イイネ!イイネ!イーーネ!!

 

f:id:naminonamimatsu:20160614222024j:plain

 

クレイジーケンバンドに関しては、けっこう友達を誘ったりして、布教活動をしてきた。

そこが、私が好きな他のバンドと違うところ。

というのも、CKBほどファンになるアプローチがさまざまなバンドはないからだ。

 

元クールスのファンで剣さんについてきた人。

ソウルやファンクやディスコが好きな人。

渋谷系とかサバービアとかレアグルーヴから入ったおしゃれさん。

サングラスにリーゼントな、かつて不良のちょい悪オヤジ。

そして、私のようなサブカル系。

 

音楽が素晴らしいのはもちろんだけど、剣さんが持っている独特の世界観はやっぱり唯一無二のものだ。

日活アクション映画のようなロマン、昭和な夜の世界、男と女と車と港、いろんな音楽といろんな国籍がミクスチャーされた狂剣世界。

平成のガキンチョが失ったものがそこにある。

故・川勝正幸氏が広めてくれたおかげで、サブカル好きたちがCKBの色気に次々とノックアウトされてきた。

 

f:id:naminonamimatsu:20160614222159j:plain

 

中華街があって、横須賀の米軍基地が近くて、外国人居留地があって、いろんな国の文化が混ざり合い、いろんな人種が行き交う港町横浜。

ィヨコハマが生んだクレイジーケンバンドは、多文化共生を具現化したようなバンドだ。

神戸も同じ港町だけど、横浜のほうがいろんな面でスケールが大きくて、神戸よりずっとカッコイイ。

 

ところで。

 

最近、川崎市でヘイトデモに関するニュースが流れていて、ちょうど気になっていた。

川崎って、横浜のお隣じゃないか。

ヘイトデモやヘイトスピーチについてはよく知らないのだけど、ニュースを見ると、彼らはどうやら「多文化共生反対」を主張しているらしい。

 

はあ???

 

ロックもソウルもレゲエもR&BもボサノバもEDMも、良い音楽にはジャンルも国境も関係ない。

着物の女も、チマチョゴリの女も、チャイナ服の女も、Tシャツにホットパンツの女も、サリーの女も、いい女だったらそれでいいじゃないか。

かっこいい男もそう。

自分が知らない世界を見せてくれるから、自分と違う文化を持っているから、より魅力的に見えることだってある。

カッコイイ人、素敵なものに国籍は関係ない。

 

多文化共生反対?????

まったく、どこのダサいお子様が言ってんだい。

 

大人の粋というのは、懐の深さだよ。

 

それがわからないまま成人になってしまった子供たちは、ママのお腹に戻って人生をやり直したほうがいい。

でもって、胎教でCKBを聴かせてもらえ。