3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住む40代波野なみ松の、趣味と母の介護と育児に追われる日々の記録。

筋少『ザ・シサ』で考える喪服の話

今日は大阪で筋肉少女帯のライブがある日だ。
子供がいなかったら、絶対に行ってたライブ。
これまで20年以上、大阪でやるオーケンのライブはほぼ欠かさず行ってたのに、まさか筋少メジャーデビュー30周年の年に行けないなんて。
人生何がどうなるかわかったもんじゃない。

今回のライブは、いわゆるレコ発ツアーというやつで、10月31日に新しいアルバム『ザ・シサ』が発売された。
10月下旬からの忙しさの一端にはそのせいもある。
それでなんであんたが忙しいねん!?と思われるだろうけれども、アルバムが発売されると、キャンペーンでオーケンのラジオ出演が増えたり、Webにインタビュー記事が出たり、ニコニコ生放送があったりするので、そういうのを見たり聞いたりするのに忙しかったのだ。
私にとっては必要不可欠なことなので、サトイモがねんねしている貴重な時間は筋少のために費やしていた。

『ザ・シサ』のシサは漢字で書くと「視差」で、英語で言うとParallax viewのこと。
見る位置が違えば同じものでも異なって見える、同じ経験でも人によって感じ方・捉え方が違う、ということをテーマにしたアルバムになっている。
芥川龍之介の小説『藪の中』、黒澤明の映画『羅生門』。(と、ラジオに出演するとだいたいこんなことをオーケンがしゃべっている。)

アルバムについては、筋少らしさが詰まっているのにマンネリ化せず、私みたいな長年のファンでさえワクワクして聴ける素晴らしいアルバムなんだけれども、そんなことをここで書いても仕方がないので省略。


葬儀の参列にみる律義さ

 

収録曲の中に『なぜ人を殺しちゃダメなんだろうか』という曲がある。
女友達が彼氏を殺してしまって、喪服を持っていない主人公は紳士服の店に行く。
それがめんどくさい。
だから、「人を殺しちゃダメ」と言う。

当事者にとってはとんでもなく大変な事件だけれど、周縁の人にとっては日常生活を不幸で汚された程度のことになってしまう、というような、視差のズレ。
「あいつら愛し過ぎたんだな」という感想や、「あたたかな晴れた日バスを待ち黒い服を買いに行く」という一見のどかそうな光景なども素敵で、好きな曲だ。

「喪服買うのめんどうくさいから人殺しなんかしないで!」なんて、ちょっとモラルからズレたことを言うくせに、スルーせずちゃんと参列する律義さが可愛らしい。

というのも、私的にちょっと引っかかったのが、死んだのは友達ではなくてその彼氏なのに参列するんだぁ、という点。
よほど親しくなければ葬儀には行かないし、配偶者じゃなくて恋人で、直接の知り合いじゃなかったら、私は行かないかなぁ…。
私がかつて友人の配偶者のお葬式に参列したとき、うちの父と夫(当時は彼氏)から、「直接の知り合いじゃないのに行くの?」と怪訝な顔をされたことがある。

私は比較的まめに葬儀に参列するほうだ。
うちの会社が、同僚の家族に不幸があればみんなで参列したりお香典を出したりする風土で、それに慣れてしまったのもある。

ところが、うちの夫の会社では一切そういうのがないらしい。
だから、夫はほとんど葬儀に参列したことがない。
自分の祖父の葬儀ですら、出張中だからと行かなかったというので呆れてしまった。(疎遠だったということもあるんだろうけど。)

うちの父も葬儀には出たがらない。
マナーがわからないし、遺族とどうコミュニケーションをとればいいかわからないかららしい。

2、3年前、ご近所にご不幸があって父がお通夜に参列したとき、白いシャツが見つからないと言って、薄い水色のシャツを出してきた。
ごくごく薄い色なので、暗いところなら、
「あれ?光の加減で色が反射してるのかな?」
と見えなくもない。
「絶対アカンって!」
とわめくように注意したけれども、
「かまへん!夜やしわからへんって!」
と押し切ってしまった。
『なぜ人を~』の歌詞の主人公のほうが、買いに行くだけよっぽどまともである。

そんなうちの父を知っている友人は、私が「母の万が一に備えて喪服の着物の準備をしている」という話をしたときに、
「なみ松ちゃんの喪服だけじゃなくて、おじちゃんの喪服も準備しとかなきゃね」
と注意喚起してくれた。
父が喪主になるんだから、これは重要!

オーケンは今回、
「バンドマンなんてスカパラ以外黒いスーツ持ってないって!」
と言って笑わせていたけど、フォーマルなことが苦手なのはバンドマンに限ったことじゃない、というお話。


風が吹けば桶屋が儲かる妄想

 

オーケンは喪服が大変だから人を殺しちゃ迷惑というけれど、紳士服店の視差からすると、「人が殺されると服が売れて儲かる」ということにならないか、と思ってしまい、つい頭の中にこんな妄想が広がる。

国道沿いにあるチェーンの紳士服店「△○やま」の店長は頭を抱えていた。
ここ2年、この店舗での赤字が続いている。
今期また赤字だったら、店長降格かつ、さらにド田舎の店舗へ左遷されることだろう。
この日は決算の最終日となっていたが、目標まであと数万円…。

安いシャツや靴下じゃラチがあかない。
どーんと、フォーマルのスーツでも売れないかなぁ…。
店長はボンヤリとあたたかな秋の午後、外を眺めていた。

そこへ入ってきた、白髪に帽子をかぶったやや猫背の男。
ラフなファッションを見るところ、紳士服には縁がなさそうだ。
何も買わなさそうだなぁ…、とがっかりしていたら、なんと急ぎで喪服が欲しいというではないか。
シャツもネクタイも一式ご購入!

目標達成!!
これで降格はまぬがれる!!

店長は人知れず感謝した。
「ありがとう、人殺し!!」

…なんて、「人を殺しちゃダメ」って言ってるオーケンにチャチャを入れるようなことを考えちゃいけません!