3歩前のことを忘れる女のサブカルと介護の記録

神戸に住むアラフォーOL、波野なみ松の、仕事と趣味と母の介護を両立させる日々の記録。

野菜ジュース持参大作戦

懸案事項だった、母の尿が出ない問題。
血液検査の結果、腎機能に何ら問題なし。
よかったよかった。

なのに、病院は利尿剤を出してくれずじまい。
「これなら薬を飲む必要はありません。水分をたくさんとること。」
というのが医者の見解。

なんか納得できないなぁ。
けれど、お薬が増えるのは好ましくないし、必要ないと言われれば仕方ない。

しかし、どうやったら水分をたくさん摂らせられるのかしら?

で、たどり着いた対処法が、「野菜ジュースを施設に持参する」作戦。

介護スタッフさんの話によると、施設のお茶は好きじゃないらしく、あまり飲まないらしいのだ。
しぶしぶ飲んでいる様子。

ところが、ジュースなどの甘い飲み物を出すと、ゴクゴク飲むという。
「カルピスを出すと、飲まれるスピードが違うんです」

もお、子供かよ!

母は甘いものが大好き。
確かに、
「飲み物、何がいい?」
と尋ねると、たいてい、
「ジュース」
と答える。

ただ、糖尿も出ているので、むやみに甘いジュースも与えられない。
家でもカルピスを出すけど、1日1杯。
コーヒーや紅茶にはオリゴ糖を使うようにしている。
(そのわりに、おやつは普通に出してるけど。)

それで、砂糖も添加物も入ってない野菜ジュースを買って、施設に持参してみた。

スタッフさんからは、
「ご持参の野菜ジュースはよく飲まれています」
との報告。

野菜ジュースなら、食物繊維やビタミンも摂れるし、一石二鳥。

これまで1か月ほど、一般の野菜ジュースや青汁の1リットルペットボトルを、毎週持参している。

むせないように気を遣いながら、とろみのついた飲み物をストローで飲ませるのには、本当に時間がかかる。
だから、1日コップ1杯でもいい。少しでも飲み物の摂取量が増えてくれたら、効果アリだ。

野菜ジュースは、まずまずの好感触。
でも、もっといいものはないものか。

血糖値も血圧も高い母。
最近は特保のドリンクもたくさん出てるんだから、もしかしたら、もっと効果のある一石二鳥ドリンクがあるかも?!

そう思って、ドラッグストアの特保ドリンクコーナーを物色していると、こんなのを見つけた。

「血圧が高めの方に カルピス酸乳 アミールS

http://www.asahiinryo.co.jp/ameals/

最近はコーラでさえ特保の時代。
カルピスの特保があってもおかしくない。

でもとりあえず即決はせず、家に帰ってからネットで調べてみた。

最近できたものかと思ったら、1997年に発売された商品らしい。
全然知らなかった。
まあ、20年近く経ってもまだ売られてるんだから、そう悪い商品じゃないんだろう。

ネットのクチコミなら、必ず悪い方もチェック。
血圧が下がらなかった、人工甘味料でお腹がゆるくなった、などなど。
中には「買ってはいけない」と評しているサイトもあったけど、画像がなんか白黒だし、このテのサイトのほうが怖いよ…。

もし血圧が下がらなかったとしても、そのために飲むわけじゃないし、逆に、もし本当に血圧が下がればラッキーだ。

いろいろ考えた末、昨日Amazonで、アミールSの野菜ジュースタイプである『毎朝野菜』を買うことにした。

カルピス アミールS 毎朝野菜 200ml 24本

カルピス アミールS 毎朝野菜 200ml 24本

今週中に届くだろう。
来週からはこれを持参だ。

血圧が下がればよし。
下がらなかったら…、やっぱお値段のことを考えて、もとの野菜ジュースに戻すかな。